ハウス食品の玉ねぎ研究レポート

2013年にハウス食品と広島大学で研究を行った内容で、玉ねぎが血液をサラサラにする効果があると日本動脈硬化学会総会で発表されました。 それまでもハウス食品さんでは何度も玉ねぎの有用性を研究して論文として発表してきました。 嘘か本当か玉ねぎがドロドロな血液をサラサラにするとは聞いてましたが、科学的には何故そのような作用があるかを説明していきます。

◆ ケルセチン

玉ねぎの中の成分で血液をサラサラにする有名なのがケルセチンというポリフェノールです。 ケルセチンは黄色い色素でリンゴやブドウやブロッコリーにも入ってます。 ケルセチンには抗酸化作用という働きがあり、コレステロールが酸化して血管の周囲にこびりつくのを防ぐ役割を示すと考えられています。 コレステロールの数値を下げることは出来ないですが、血管の損傷回復や酸化させないことで血管年齢を老化させない、血液をサラサラにするのではということです。

Wikipediaにも書いてありますが、動物実験では効果があったというのは全世界共通の認識なのですが、人間での臨床試験で信頼できるデータはないのが微妙なところです。 今回ハウス食品さんの研究でも臨床試験では男性22人が被験者であって、結果として1ヵ月後に改善されたFMD検査の数値では若干良くなったに留まっているように思われ、玉ねぎが血液をサラサラにするかは断定しきれないように思えます。

玉ねぎが血液をサラサラにするかドロドロなままかをFMD検査というので実験していますが、血管内皮機能を調べるものです。 血管内皮機能とは低下することで動脈硬化や高血圧に繋がるリスクがあります。 FMD検査は、安静時の血管がどれだけ最大に直径が広がるかを調べるもので、腕を5分ほど圧迫した後に2分ほどデータを見て判定するものです。 見えない動脈硬化が進行していると、血管の収縮が硬くて広がらないということで、2014年からは病院でも保険適用になっている信頼ある検査です。


◆ シクロアリイン

シクロアリインとはハウス食品さんのサイトでは、野菜の玉ねぎでも0.1%しか存在しない血液をサラサラにする成分ということで貴重なものになります。 シクロアリインは脂質代謝改善効果、つまりはコレステロールが血管に付着しにくい作用があるのではないかと、鳥取大学でも研究中の成分で健康食品等では凝縮したものを販売しております。 しかし、海外も含めてシクロアイリンが有効であるという臨床試験の論文も発表もなく、玉ねぎが血液をサラサラにするであろうとの憶測の域でしかありません。

血液をサラサラにするサプリメント一覧

結局は玉ねぎは血液をサラサラにしないの?

様々な健康食品やサプリメントの成分で有効性が本当にあるのかどうか、一番信頼できるサイトは国立健康栄養研究所になります。 ここでは色々な成分の世界中の実験データなどを基にして中立的に健康に良いかどうかを総合的に判断してくれています。 「玉ねぎ」についても項目があり血液ドロドロをサラサラにするような風潮がありますが嘘で、信頼できる人間での実験データは存在しないと効果を否定しています。 コレステロールや血圧についてもどうようで、玉ねぎにはそのような優れた力はないという結論になります。

悪玉コレステロールを下げる市販薬の一覧

玉ねぎのケルセチンについての研究

2017年に週刊新潮が発表した「トクホの大嘘」という記事は嘘で、ドロドロの血液をサラサラにするコレステロールを下げるというわれているのが間違いであるという指摘です。 その大元の違いがケルセチンという玉ねぎの成分が脂肪を分解したりはしないというものでした。 前述の国立栄養研究所でもケルセチンについては、循環器・糖尿・運動・肥満など18の臨床試験で効果があったのは1つで前立腺の炎症を抑えるというものだけでした。 つまりは血液ドロドロを食生活で改善するというのは実際は嘘ということです。 動物実験ではケルセチンの有用性が証明されていますが、人間では玉ねぎを血液サラサラ目的に食酢のは意味がないということになります。 摂取量や副作用について制限はないが妊娠中や授乳中の女性は大量にとるのは避けましょうということです。

病院の薬と玉ねぎの成分の違い

病院に行くと動脈硬化の人であれば血液をサラサラにする薬を処方して貰えます。 この薬の作用は、細い血管が詰まってドロドロ血が固まったのを固まらないようにする働きがあります。 細くなった血管を太くする訳ではなく、血液が個体になるのを防ぐので、玉ねぎに期待するような血液をサラサラにすることで健康でいましょうという状態ではなく末期的な時に使う薬です。 そもそもコレステロールが酸化して血管にこびり付いて、細くならないようにする、外壁を損傷させないようにするのが病院の薬ではありませんので、動脈硬化を未然に防ぐには、玉ねぎのような血液をサラサラにする食べ物を模索した方がよいのでしょう。

 血液をサラサラにする方法【ドロドロな血管年齢】食べ物やサプリ


このページの先頭へ