豆乳で作ったヨーグルト ソヤファーム

Amazonでも購入できるのが、悪玉コレステロールを減らすヨーグルトで「豆乳で作ったヨーグルト」という商品名になります。 販売元はソヤファームとかポッカサッポロとか扱っている代理店で多少違うようです。 消費者庁が過去に許可したトクホで、悪玉コレステロールを減らすヨーグルトは、これ以外には豆乳で作ったのむヨーグルトという不二製油株式会社が2002年になったようですが現在は商品が見当たりません。 ヨーグルトのトクホは腸内細菌に作用するので、それを悪玉とか善玉とか呼ぶのでコレステロールと混同してしまう人が多いようです。 明治のL21やヤクルトのものは、腸内を整えるだけなので意味が異なってきますので間違って買わないようにしてください。

  • 価格:1900円(税込)12個入
  • 容量:110g(1個)
  • カロリー:76kcal
  • 賞味期限:15~20日
  • 特定保健用食品

悪玉コレステロールを減らすのはヨーグルトではなく大豆たんぱく質

乳酸菌というのは腸内で働いて吸収を良くしたりインフルエンザを予防したりピロリ菌を除去したりするものはあります。 この商品が人気なのは、大豆たんぱく質がヨーグルトと作用して吸収しやすくして悪玉コレステロールを減らすからです。 過去にもトクホで不二製油株式会社がありましたが同様に大豆たんぱく質が原料になっているから許可を得られたわけです。

国で人間による臨床試験で、4週間21名で行ったところ悪玉コレステロールが大豆ヨーグルトで156から142に減らすことが出来たようです。 (正常値は140以下)普通の大豆たんぱく質を摂取するよりも吸収を助ける乳酸菌と一緒に食べることで脂質異常が改善するという理屈になります。

トクホに認定された悪玉コレステロールを減らすもの

トクホの認定の仕組みとしては、効能を表記できるには決められた成分が入っていることが必須になります。 悪玉コレステロールを減らす成分は「大豆たんぱく質」「天然アミノ酸」「キトサン」などが商品に入っていることが条件になのです。 一から成分を開発して有効であることをわざわざ申請するのは難しいので、悪玉コレステロールを減らすヨーグルトならこれらの成分のどれかが入っていればよいわけです。 トクホに認定されてないということは、効能を明記することもできませんが、2016年から新しい仕組みで機能性表示食品という制度が始まりました。 例えばカゴメのトマトジュースには「血中コレステロールが気になる方に」と商品に書いてますが、これは消費者庁が認めたものではなく開発した会社が責任もって明記することが出来ますという制度を利用しています。 機能性表示食品は効果は第三者が認めた訳ではないので、悪玉コレステロールを下げるヨーグルトというのは1種類しか現在は販売されてないことになります。

他のヨーグルトの成分は悪玉コレステロールに効果ない?

◆ ガセリ菌

雪印の「恵」内臓脂肪を減らすガセリ菌のヨーグルトは、トクホには認定されているものと機能性表示食品にしているもの2種類があります。 トクホの方は「腸内環境を整える」なので悪玉コレステロールを減らす作用は市販のヨーグルトしてはありません。 機能性表示食品の方も「内臓脂肪を減らす」なので効果としては血中濃度の低下とは異なります。 もしガセリ菌が効果があるとしてら、トクホには「コレステロールが高めの方に」と表示許可される項目があるのでそれが認定されているはずです。 ダイエット効果や余分な脂肪を減らすには臨床試験で認められているようです。

 悪玉コレステロールの原因は嘘?

健康な人が食べるとどうなるの?

大豆たんぱく質のヨーグルトを悪玉コレステロールが高くない人が1ヵ月食べたところ数値に変化が無かったという実験結果があります。 家族みんなで食べるのに健康な人が摂取しても問題ありません。 また副作用もないですが、1日の摂取上限の目安として2個(220g)となっています。

 悪玉コレステロールを下げる市販薬


このページの先頭へ