悪玉コレステロールについての記事一覧

2015年アメリカで悪玉コレステロールの存在を否定しました

長年に渡り悪玉コレステロール(LDL)が高いとドロドロ血で血管が詰まりやすくなり心筋梗塞などの原因になるので、食事には気を付けましょうというのが常識でした。 しかし2015年にアメリカの心臓学会が、これを完全否定する発表をしました。 コレステロールそのものが寿命や病気に悪影響を及ぼすこともなく、食事方法によって数値が変わることもないという内容でした。 心臓学会なので血管が詰まらないようにすることを専門とした最先端のアメリカの学会からの発表です。 結局は、人間ドックや健康診断で悪玉コレステロールが高いとか下げる方法は何かという内容は全部間違いだったということになります。

このアメリカの否定を受けてすぐさま日本の動脈学会も、「コレステロール摂取量に関する声明」というのを発表しました。 それまで厚生労働省でも1日の摂取上限を決めてたりしましたが、180度方向を転換して一切食事量には関係ないことになったわけです。 しかしながら、2017年現在でも未だに健康診断で悪玉コレステロールが高い原因とかドロドロ血の薬で下げるとかいう話は無くなってないのが問題です。

武田邦彦さん(ホンマでっか!?TV)が悪玉コレステロールについては誤解であると

アメリカの心臓学会の発表前からブログやメルマガで悪玉コレステロールは悪者ではなく「調整力」である重要な立場だと発言されてました。 今なおそれでも薬や診察をしているのは、医者の利益確保の為で馬鹿らしいことだとのことです。 他の動画でも悪玉コレステロールを下げる方法ではなく、増やすことを考えた方が長寿であると言っているくらいです。

死亡率と反比例する悪玉コレステロールの不思議

上記のグラフは悪玉コレステロール(LDL)と死亡率の関係を表したグラフで、何年も前から矛盾した内容だということは広く知れ渡ってました。 前述の武田邦彦さんと同じように、コレステロールが高い人ほど長生きするのは医学界でも周知の事実でしたが、それについて深く詮索する人もいなかったのが2015年のアメリカの発表以来見方が変わったわけです。

何故、悪玉コレステロールが高い方が長寿なのかというと、血管が損傷したときに素早く修復する働きがあるのがLDLであると最近では分かったからです。 老化やストレスなどでドロドロな血管が途中で詰まったり損傷したりしたのを修復してくれる「力」という意味なので、悪玉コレステロールを下げることをしてしまうと逆効果で病気になってしまうことになります。 お医者さんの薬スタチンなどで数値を下げて副作用や違う病気になったという話も少なくはありません。 数値が高いからといって無理に下げる必要がないのです。

 悪玉コレステロールを減らすヨーグルト

アメリカやヨーロッパでは悪玉コレステロールを下げる紅麹が認可されない

確実に悪玉コレステロールを下げる方法として有名なのは、病院の内科の薬でスタチンというものです。 スタチンは40年前に日本人の遠藤章博士(東京農工大学名誉教授)が発見して、関連した他の博士がノーベル賞を受賞したくらいの快挙でした。 その後に、スタチンと同一成分の紅麹に「モナコリンK」というものが悪玉コレステロールを下げるというのが国内の研究で判明しました。 現在でも紅麹のサプリメントがドロドロの血液をサラサラにするという内容で薬局などでも人気になっています。

しかし、アメリカやヨーロッパの医学学会では、紅麹のモナコリンKが危険であるという認識で、日本の厚生労働省にあたる「FDA」ではこの成分を使った商品を販売してはいけないということになっています。 またフランスの食品安全庁でも注意噴気して、肝臓や筋肉に異常をきたす報告が数十件上がっているので無暗に紅麹を悪玉コレステロールを下げるために食べないで下さいとのことでした。 前述のようにそもそもコレステロールの数値を下げることは逆効果になるので、病院のスタチンや紅麹に頼る方が健康を害することになります。

結論として悪玉コレステロールは気にする必要がない

悪玉コレステロールが高い原因は詳しくは分かってないですが、敢えて下げる必要もなく低い方が病気になりやすいし、薬の副作用の可能性もあります。 医師の薬目当ての営利だったり、2015年に発表されたばかりで病院も方向転換できてなかったりします。 運動をした方が数値が改善するとか、肉を食べすぎないとか、全部が意味がないことになります。 お笑い芸人の博多華丸さんで悪玉コレステロールの数値が基準が140以下なのに「1,000」ということでした。 遺伝による先天性異常なようですが、それでも入院しないで普通に仕事をされています。 LDLが高すぎて大きな病気とか死亡したという話はないので、気を付けるとしたら血圧や血糖値になると思います。

 悪玉コレステロールを下げる市販薬


このページの先頭へ