血液をサラサラにする代表的な方法

【このページの人気記事】

脳卒中になる確率の自動計算ツール

LH比が2.5以上は血栓が出来ている

超悪玉コレステロール|たけしの家庭の医学

血液をドロドロにする一番の原因

悪玉コレステロールを下げる市販薬の一覧


対策方法 説明
サプリメントや薬で血液をサラサラにするランキング
サプリメントや薬
市販の薬局やドラッグストアでも、第三類医薬品やサプリメントを購入することができます
血液をサラサラにする食べ物は長寿の長野県
食材
長寿の長野県が産地の食べ物が血液をサラサラにする効果があります
トクホの飲み物は血液をサラサラにする?
飲み物
消費者庁がトクホとして認定したコレステロールを下げる飲み物を一覧にしました
血液をサラサラにするには有酸素運動
運動
有酸素運動はHDL善玉コレステロールを上げる働きがあります
レシピで血液をサラサラにするのに適さない危険な料理
レシピ
動脈硬化に気を付けないとならない危険なレシピの一覧

危険な数値の基準は? 血液をサラサラにする方法

◆ LH比が2.0以上

LH比という基準になる言葉が最近注目されてきて、テレビ「主治医が見つかる診療所」でも2014年4月に放映されて取り上げられました。 血管年齢を下げる方法が様々に議論される中で、「LDL(悪玉コレステロール) ÷ HDL(善玉コレステロール)」の値であるLH比が高いと動脈硬化や脳卒中や心筋梗塞になりやすいとここ数年話題になってきてます。 人間ドックや健康診断で血液検査すると、LDLとHDLの数値は書いてありますのでお手元にある診断結果を用意して計算してみると、ドロドロな血液をサラサラにする改善の方法のとして薬やサプリが必要なのかも判別できます。

LH比の由来は、アメリカの心臓病の医師会から始まったデータです。 理由は長い間、薬やサプリで血液をサラサラにしても動脈硬化の進行に効果がないという事例が多く、単なるコレステロールを下げるだけでは駄目であるという医学的な見地から考えられたものです。 悪玉コレステロールも善玉も両方とも食べ物や薬で減らすと、LH比は割り算なので値は変化しないことになります。 血液をサラサラにする方法で必要なのは、悪玉を減らして善玉を増やす飲み物や食べ物にあります。 コレステロール事態は無理して下げる必要はなく、低くなると病気になりやすかったり寿命が短くなったりする医学のデータもあります。 ご自身の健康診断の結果表でLH比が2.5以上だった場合は、数値として血液がドロドロという診断で身体のどこかに血栓が出来ている可能性があるので検査して貰った方がよいでしょう。


◆ 大学の計算ツール(脳卒中・心筋梗塞になる確率)

参照元:循環器疾患リスクチェック

藤田保健衛生大学医学部が作ったWebツールで40~69歳が対象で「年齢」「血糖値」「コレステロール」「血圧」を入力するだけで今後10年間に「心筋梗塞を発症する確率」と「脳梗塞を発症する確率」を無料でその場で数値として計算してくれます。 2016年に朝日新聞に有用性が高いということで掲載されました。 国立がん研究センターの10万人以上の20年間に渡る臨床データから開発されたツールで、薬やサプリで血液をサラサラにする方法がないか探す前にご自身の危険度を測定することができます。 コレステロールを下げる、即効性のある飲み物や食べ物で血液をサラサラにする目的は、動脈硬化を起こして大病に至らないようにする為なので、どれだけの危険性が今あるかを知るには有用なチェックツールになります。 藤田保健衛生大学では脳卒中発生率が高い原因としては「高血圧」且つ「糖尿病」という健康な人と比較して5倍以上危険であると発表されております。


◆ 一般的なコレステロールの基準

健康診断で引っかかる基準値は上記の表のように、「LDLコレステロールは140以上」「HDLコレステロールは40以下」「総コレステロールは220以上」で異常値とされてしまいます。 この数値の信頼性が近年では乏しくなってきて、様々な基準が話題になってきています。 単純に低い人と高い人では、高い方が寿命が長いデータになっています。 無理して飲み物や食べ物やサプリでドロドロが原因で血液をサラサラにする方法でコレステロールを下げると逆に病気になる危険性もあるので、この一般的な基準は大きく外れてない限りは気にする必要はないと思います。


◆ LDLコレステロール 日本動脈硬化学会

この表は、高年齢、喫煙、高血圧、心臓病、糖尿病などの有害因子を何個持っているかで適正なLDL悪玉コレステロールの基準値が異なるといった見解です。 発表した日本動脈硬化学会は、血液をサラサラにする食物繊維の多いランキングの食べ物やn-3系多価不飽和脂肪酸の多い青背の魚を積極的に取り入れましょうと呼びかけてます。

各業界が言う専門家別の血液をサラサラにする方法

◆ 厚生労働省

2015年4月に厚生労働省は、1日のコレステロールの総量の上限を不思議と撤廃しました。 今までは男性で750mg、女性で600mgが1日の食べ物での上限として指針としていましたが、血液をサラサラにする方法として食べ物の量には関係ないと研究で判明したからです。 食べ物でコレステロールを全く摂取しなくても、内臓で勝手に作られるという身体の仕組みになっているのが分かったので制限を設ける意味が無くなりました。 薬で血液をサラサラにする方法も同じで、脂が低い食べ物が即効性に望ましいかというと効果がないことに厚生労働省が公に発表しました。

厚生労働省ではコレステロールの値を下げるよりも、血管年齢を下げる食べ物の方法を推奨しております。 LDL悪玉コレステロールが血中に増えすぎると、血管の壁にこびりついて付着して通りが悪くなり血液がドロドロな症状になって危険と診断されます。 薬やサプリで血液をサラサラにす方法は、このLDLが壁に付着しないようにする、活性酸素で酸化して酸化脂質になって動脈硬化に進行しないようにするのが重要だとの見解です。 厚生労働省では、LDL悪玉コレステロールが酸化しないようにするには、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、β-カロチンの入った食べ物が効果的だと言っています。 これらのことを抗酸化物質と呼び、アンチエイジングが長寿にも関わる成分になります。

上記の表は、ニュートリー株式会社という食品メーカーが発表している果物や野菜の抗酸化物質としての濃度の研究結果になります。 プルーン、ブルーベリー、にんにくがランキングとして血液をサラサラにする食べ物の方法になるということです。 コレステロールを下げるよりも酸化させないことが要点というのが厚生労働省の2015年からの新たな見解になります。
参照元:野菜、果物の抗酸化能 | ニュートリー株式会社


◆ 日本動脈硬化学会

脳卒中や心筋梗塞を研究している日本動脈学会では、コレステロールを下げる方法としては水溶性食物繊維の食べ物が効果的だと発表しています。 水溶性食物繊維は体内でコレステロールを溶かす働きがあり数値を下げて、ドロドロな血液をサラサラにする飲み物と言われております。

水溶性食物繊維が豊富な食べ物のランキングが上記の表になります。 文部科学省の日本食品標準成分表を参考にした数値です。 圧倒的に水溶性食物繊維が多いのは生野菜で「こんにゃく」「らっきょう」が血管年齢に効果的です。 薬やサプリメント以外で血液をサラサラにしたり、コレステロールを下げるには、日本動脈硬化学会ではこのような水溶性食物繊維を多く食べ物から摂取することが有効と述べています。


◆ サントリー、富士フィルム

サントリーではアスタキサンチンという新しい成分が、LDL悪玉コレステロールが酸化する時間を引き延ばす働きがあると研究発表しました。 アスタキサンチンは「鮭」「エビ・カニ」「イクラ」など赤い色のものに含まれたカロチノイドの一種です。 トマトはリコピンという名前の成分で別物になりますが、リコピンとアスタキサンチンを掛け合わすとより一層に飲み物や食べ物としてドロドロ数値の血液をサラサラにする方法になるとのことです。 DHCやサントリーや富士フィルムからアスタキサンチンのサプリメントが発売されていて、効果があるかどうかは不明です。 これもコレステロールを下げる方法ではなく、酸化を防ぎ大病にならない予防策になります。


◆ 主治医が見つかる診療所

LH比で前述で触れたテレビ番組では、血液をサラサラにする方法としてランキングに出る食べ物よりも、善玉コレステロールを増やすために有酸素運動をするのが良いということです。 マラソンランナーの多くは、善玉コレステロールが平均値より高い人が多いのは有酸素運動のおかげだそうです。 有酸素運動をすると肝臓で脂肪が分解されて、善玉コレステロールが生成されやすくなるという仕組みです。 LH比でHDLの割合を上げて血液をサラサラにする運動として、少し早めの競歩を3分間するのが健康に良いという番組でした。

悪玉コレステロールと善玉は同一です

善玉コレステロールと悪玉が戦うイメージが強いですが、多くの人が勘違いしていて正体は1種類になります。 肝臓から末端に行くコレステロールを悪玉とよび、血管から肝臓に戻ってくるのを善玉と呼ぶだけで根本は一緒です。 「悪玉 ― 善玉」が多ければ、血管の組織に酸化して詰まる要素になり、血液がドロドロな症状になっていく原因なのです。 悪玉だけ減らす食べ物とか、善玉コレステロールだけ増やすサプリメントとかいう考えではなく、「血管年齢を下げる」ことが血液をサラサラにする方法になります。

 危険なトランス脂肪酸とは?

血液をサラサラにするのに悪い影響のもの

◆ 喫煙

どの学会の意見を見ても、循環器系の危険因子のオッズとして高いのは喫煙になります。 タバコを吸うと血管が細くなり、血液がサラサラでなくなりドロドロになる原因でで薬がないと危険な状態に陥ります。 上記は心筋梗塞になりやすい危険因子の表で日本循環器学会が発表した研究で、喫煙はコレステロールよりも有害という見識です。


◆ 血糖値が高い

空腹時の血糖値が200以上だと心筋梗塞による死亡率が高いという発表です。 薬で血液をサラサラにする方法よりも、血糖値が大病を防ぐには優先になります。

超悪玉コレステロールを下げる方法|たけしの家庭の医学

近年では悪玉コレステロールが少ないのに病気になったり、悪玉が多いのに健康だったりする中で新たな発見がありました。 2010年にテレビ放映されたもので、超悪玉コレステロールが存在して普通のものに比べて小粒なので血管の隙間に潜り込めるやっかいな異物です。 血管は加齢とともに痛んで隙間が出来てきますが、超悪玉は小さい所も入っていき血管を狭めてしまい薬やサプリや飲み物でドロドロ血液をサラサラにする改善の方法を見つける必要が出てきます。 超悪玉コレステロール(sdLDL)は普通の血液検査では判定してないので限られた病院でしか取り扱っていません。

超悪玉コレステロールを下げる方法は、中性脂肪と血糖値を下げることです。 中性脂肪や血糖値の上昇は、食べすぎでの要因が強いので血液をサラサラにするには、毎回の食べ物で満腹になる前に止めることが効果的です。 太っている人が県間年齢が上がりやすいのは、「コレステロール」「中性脂肪」「血糖値」全てにおいて高い値だからです。 血液をサラサラにする即効性の食べ物よりも、1回に量を食べすぎない、適度な運動をすることが超悪玉を防ぐ手立てになります。

血液をサラサラにする薬は2種類ある白色血栓と赤色血栓

病院で処方される薬で血液をサラサラにする方法の種類は、「抗凝固薬」と「抗血小板薬」に分類されます。 心臓疾患の場合は赤色血栓といってワーファリン等の血が固まらないようにする抗凝固薬で、停滞した血が塊になって脳や心臓で血管を塞いでしまわないようにするものです。 高血圧や高脂血症の患者さんに処方される抗血小板薬は、動脈硬化により血管の内側にプラークというのが付着しているのが剥がれた時に血小板が集まって血の塊ができないようにする役割になります。 アスピリンというのが高脂血症のコレステロールをドロドロな血液をサラサラにする薬なのですが、糖尿病の時にも処方されるようです。

血液をサラサラにする薬やサプリを飲んでいると食べ物で「納豆」「青汁」を同時はいけないという話があります。 これは納豆などに含まれるビタミンKという成分が、血液をサラサラにする薬の作用を弱めてしまうためです。 しかし、これは心臓病のワーファリンを飲んでいる人の話で、動脈硬化のアスピリンの場合は納豆や青汁を食しても作用に影響がないので問題ありません。

 血液サラサラか病院での検査は3通りで料金は安い

血液がドロドロか簡単に診断できる方法

ためしてガッテンのテレビで取り上げられている有名な「隠れ脳梗塞」や「隠れ心筋梗塞」を見つける方法は自宅で簡単にできます。 1回目は普通に血圧を測って、1度立ち上がってから着席して2回目の血圧を測ります。 この時に「数値の差」が大きいと、血液がドロドロで隠れ脳梗塞と診断される可能性が高いということらしいです。 許容範囲は15以内でそれ以上であれば危険だということで病院で血液がサラサラかどうか見て貰ってはどうでしょうか。

NHKのためしてガッテンでは、この血圧の差がある人は「冷え性」に多いということです。 つまりは冷え性の人は血液がドロドロと数値で診断されることが多いようです。 特に50歳以上の冷え性のかたは注意が必要とのことです。

血液サラサラの即効性のあるワーファリン

100年前に農場で飼っていた牛が臓器の内出血により死亡する事件が起きました。 どうやら、餌として与えた草が腐っていたようで、それが凝固作用を阻害し過度に血液サラサラになる病気で出血が止まらずに死亡したようです。 それを分析して現在では病院で処方されるのがワーファリンという薬で即効性のある血液サラサラにするものです。

このワーファリンを食べ物やサプリで補うことは出来なく、クマリンという草の成分がが腐敗したことで出来たものなので取り扱いは危険なものになります。 病院の医師の診察のもとで弊害がないかどうか判断されて入手できる薬になります。 残念ながら即効性のある血液サラサラは食べ物はなく、病院に通うしかありません。
参考:ワーファリンの正しい飲み方 | 国立循環器病研究センター

薬で血液をサラサラにしてコレステロールを下げる効果

上記の表はアメリカの心臓学会における投薬による死亡率のグラフです。 食べ物でドロドロ症状の血液をサラサラにする即効性の方法と、薬で下げるのでは死亡率に差が出るとの見解です。 代表的な薬としてはスタチンがあります。

医者の薬は、重度の患者さんには有効ですが少しくらい高いだけの人には副作用が多く、専門家は皆さん勧めておりません。 病院では血液をサラサラにすることができますと医師が金儲けの為に薬を処方することがありますが、副作用を知ってから判断してください。 一番危険な副作用は「うつ病」になることです。 電車の人身事故を調べてみたら多くの割合でドロドロ血のコレステロールを下げる薬を飲んでいたという記事がありました。 また、薬を飲むと代謝が悪くなるので血液がサラサラになっても食べ物が美味しくて余計に太ってしまう悪循環になることもあります。


 サプリメントや薬で血液をサラサラにする


このページの先頭へ